FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸山ダム骨材散布塔跡 その2

03 20, 2012 | 発電所跡・水利跡

丸山ダム骨材散布塔跡 その1 の続き




この2本の塔には、横穴が開いていません。
5mm以下の砂の塔です。



これは、8~15cmサイズの大砂利をストックしていた散布塔。




これは中砂利用の塔に開いている穴。
組み木は、骨材のサイズに合わせて穴のサイズを調整していた名残?




大砂利用の塔。
塔本体が風化して、骨材が露出しています。




骨材プラントは、現在は解体され、この散布塔群しか残されていません。
しかし、日本初の本格的骨材プラントだった産業遺産として、
塔だけ解体を免れて保存されています。




戦後復興の象徴だった丸山ダム工事でしたが、
ダムの老朽化や貯水量の嵩上げのため、
新丸山ダムへの付け替え工事が始まっています。

現在は、事業仕分けで新丸山ダム工事はストップしたままですが、
新丸山ダム完成時には、丸山ダムは上部が撤去されて水没し、
この塔の存在も危うくなります。

時の流れには逆らえません。


終わり。



追記。
'12年4月に訪れたら、骨材散布塔は取り壊されてしまった後でした。
せっかくの産業遺産だったのに残念です。






['04.7・'11.9 岐阜県加茂郡八百津町にて] ※取り壊し済み
スポンサーサイト



« 陶料工場跡 再訪 その1 丸山ダム骨材散布塔跡 その1 »

RSS
*INDEX*
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。