FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸山ダム骨材散布塔跡 その1

03 19, 2012 | 発電所跡・水利跡



岐阜県八百津町を流れる木曽川に、丸山ダムはあります。
S30年に完成した、戦後の日本復興を象徴する巨大ダムです。




丸山ダム左岸に今でも残る、煙突のような5本の塔。
これは丸山ダム建設時に骨材を製造していた、骨材プラントの跡です。

これは2004年の時の写真で、この時は近くで工事をしており、
プラント跡地が資材置き場として利用されていました。




現在の骨材プラント跡。
今は工事が終わり、もう資材関係は無く、ただの更地になっています。




この5本の塔は、選別した骨材をプールする散布塔でした。




塔には、それぞれ大きさの異なる横穴が開いています。




近くにあった説明看板より。
骨材選別の仕組み。




同じく説明看板より、当時の骨材プラントの写真。


丸山ダム骨材散布塔跡 その2 に続く


['04.7・'11.9 岐阜県加茂郡八百津町にて]
スポンサーサイト



« 丸山ダム骨材散布塔跡 その2 廃自販機  #44 »

RSS
*INDEX*
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。