スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廃温泉ロッジ その2

12 29, 2014 | 廃墟

その1の続き。




エントランスのある2Fから階段を降りていくと…





大広間と書かれた空間がありました。





大広間から外に出ると…





特徴的な外階段の下に出ました。









ロッジの辺りを見渡せば、だだっ広い斜面が広がるばかり。
このような遺構もあるので、
ロッジ前に広がるこの草原は、かつてスキー場だったのかもしれません。







内部はともかく、昭和色が強いこの外観が素晴らしかったです。


終わり。


['14.10 福島県某所にて]
スポンサーサイト

廃温泉ロッジ その1

12 26, 2014 | 廃墟



とある有名な峠道にある、大きなロッジ跡です。





屋根の形が独特です。





こういう場所お約束の、人為的破壊の痕が酷いです。





壊せるものは壊されてしまい、落書きもたくさん。





営業当時の残留物がほとんど無く、ガランとしています。





これが、見かけた唯一の残留物です。





ずいぶんと狭い浴場。





床が腐った個室。
サッシが抜け、秋色の風景がよく見えます。





森から伸びたクズが、室内に進入しています。





脱衣場と大きな浴場もありました。
玄関に温泉ロッジと書かれていたので、温泉浴場だったのでしょう。



その2に続く。




['14.10 福島県某所にて]

皿絵付け体験喫茶跡

11 03, 2014 | 廃墟



G県の某高原の森の中にある喫茶店の跡です。





お土産や陶器も販売していたようです。
売り物の花瓶が、今でも購入者を待っているように並んでいます。





店内は荒れ放題です。





自然の力と時の経過による荒廃が進んでいます。





なかなかレトロな魔法瓶です。





喫茶コーナーのカウンター。





皿の絵付け体験コーナー。
ちらばっている皿は絵付けの見本?それとも客の作品?
メーテルのようなヘタウマキャラが描かれています。





建物は傾き、そのうち自然倒壊しそうな状態です。
その時がきたら、売り物の花瓶も、メーテル皿も、瓦礫の下に消える運命です。





終わり。



['13.9 G県某所にて]

湖畔の廃山荘

03 10, 2014 | 廃墟



山の中の静かな湖畔に、森に囲まれた山荘の跡があります。





白いバルコニー風の玄関がお洒落です。





引戸のガラス越しに中をのぞいてみました。
受付と食堂のような広間になっており、奥に階段があります。





建物の側面。





古い木造校舎のようです。
こちら側にも入り口があります。





ハイクラウンチョコは、高価で子供の頃は食べられませんでした。





勝手口?





窓ガラスからのぞいてみました。
客室でしょうか。





レトロな雰囲気が郷愁を誘う、いつまでも眺めていたい建物でした。



['13.7 長野県某所にて]

T国際スキー場跡 その2

08 21, 2013 | 廃墟

T国際スキー場跡 その1 の続き





残念ながら痛みが激しい部屋もあります。
腐った畳を苗床に、室内で植物が成長しています。





窓の破損や雨漏りがない部屋は、
換気して掃除すれば今でも泊まれそうなほど状態良好です。





2段ベッドが押し込まれた部屋も幾つかあり、圧迫感があります。
こういうせせこましい部屋は、従業員の宿泊部屋だったかもしれません。
なぜならば…




このような専門書が残っていたりするからです。
リフト係は、アルバイトでもこういう勉強をしないといけないのかもしれません。

資料によると、H14年までは営業していたということでしょうか。
建物が古いので年季が入ってそうな感じですが、まだ廃歴が10年程度です。
どうりで内部が綺麗だと思いました。







センターハウスから出て、ゲレンデに向かいます。





倉庫には、搬器がキチンと片付けられていました。
今ではもう絶滅危惧となったシングルリフトです。





コースがひとつ、リフトも一基しかない小さなゲレンデだったようです。





高速道路の発達や安いツアーが充実した昨今では、
客はみな、大きなスキー場に遠征するのが当たり前になり、
こういう昔ながらの小さなスキー場は次々消えつつあります。





それでも、レンタルスノーボードを取り扱っているし、
レンタルスキー板もそれほど古くないので、
近年まで営業していた名残は感じられます。







広いコース、高速なクワッドリフト、ホテルのようなセンターハウスといった、
最新設備のスキー場に慣れた今時のスキーヤーにとって、
逆に、こういうレトロなスキー場に興味と憧れを覚え、惹かれました。


終わり。


['13.6 S県某所にて]

Next Page »

RSS
*INDEX*
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。